MasuStar.Gallery(旧:カナコのかんきょうブログ“カナかん”)

ブログから1歩前進へ ~興味があるものを楽しみながら「心」動くままに~

抑うつの妻(私)を支えてくれた主人

2019.07.16 MasuStar.Galley始動

こんにちは、カナコです。

今日は10月の大半を抑うつでほぼほぼ何も出来なかった私を支えてくれた主人について綴りたいと思います。

先に申しますと、ちょっと長めです。

 

本題の前に、、、

私のうつ病を初めて目の当たりにした時の様子

主人と出会ったのは高2の冬でくっついたり離れたりを繰返し、約7.8年お付き合いした後2016年3月に入籍しました。

私がうつ病として初めて診断されたのが2016年9月なので、結婚する前からうつ病について知っていると言えば知っていました。

 

診断される20代前半も病院にこそ頼らずでしたが前兆は見受けられました。

ですが当時はお互い1人暮らしなどで主人の前で抑うつ状態を見せた事はありません。

症状が酷くなり初めて病院に行った頃は同棲をしていたので必然とその姿をさらしてしまう事になり、隠すことが困難な環境でした。

主人にとっては見た事もない私の姿があるわけです。

それまでは“活発で仕事熱心”というようなイメージがあったようなので

よりその差に驚いたはずです。

正直、最初は見て見ぬふり・・・じゃないですけど、

どうしていいか分からないという戸惑と安静にして寝てたら良くなるものという認識でそれほど深く重くとらえていなかったようです。

ですが、日に日に症状が悪化し、そこに居るのはもはや主人のなかの許容範囲内の私ではなかったんですね。

ある朝、私が抑えきれない不安と焦る気持ちを怒りとして主人にぶつけてしまいました。

疲労困憊状態で言われた一言が「ごめん、しんどい・・・な」でした。

背を向けてそう言って、仕事へ行くのに玄関の扉が閉まるガチャッっていう音と同時に私も全身力が抜けて1人家で大泣きした事、忘れたくても鮮明に覚えてしまっています。

 もともとの主人のうつ病への意識

主人は精神病に対して根っからの否定派でした。

『いやいや気持ちの問題、』

『いくらやる気がないって、、、そんなんになる?!』

みたいな。

誰だって本人がそうなってみなければ、または自分にとって身近な人がそうならないかぎりなかなか理解するのは難しいですよね。

 

主人のうつ病への意識の変化

2016年9月から2年とちょっと。

この間に大小含めて何回か抑うつ状態がありました。もちろん普通な日・元気な日もありますよ♪(^^♪

時間の経過もありますが、

大きく影響したのは、実は身近に似た境遇の夫婦がいた事です。(主人の方が付き合いが長い関係です)

その夫婦は旦那さんの方が過去に精神的な病を患ってしまい、苦しまれていて、

今は社会復帰もされて大黒柱としてカッコいいパパという感じですが、今でも定期的に病院に行かれているようです。

私が3回目の発症の後、相談もかねてカミングアウトしたら、実は、、、と話してくださいました。

また、関東出張の際にわざわざ家に来てくださいました。

そこで主人も色々話を聞けて、そこから私もいい意味でもっと主人に頼ろうと思えたんです。

それまでは、これ以上迷惑かけちゃいけない、自分でなんとかしなくちゃ、、、という焦りがありました。

今までも何度も話合はしてきましたが、より深く突っ込んだ話合いをたくさんしてきました。

病院にも私からの要望で一度だけ一緒に来てくれました。

 その時は主人も積極的に先生に質問してくれて、その姿勢がとても嬉しかったです。

そんな経緯があっての、、、、

本題に移ります!(^^)!

 

主人なりの支え方

差し入れ作戦

抑うつになってしまう兆候がある時、

がっつりの直前までなら少しは動けるんですよね。

なので仕事から帰ってきた主人を玄関まで迎えにも行ける、米ぐらいは炊ける、

リビングで一緒にTVぐらいは観れる、そんな状態の時に、

少しでも元気になってほしい、という気持も込めているんだと思うんですけど、仕事帰りにコンビニに寄ってプチお土産をよく買ってきてくれます。

ビール1本の日もあればチューハイ1本の日。

プリンの日もあればシュークリームとか。

素直に嬉しいですよ。

外出作戦

平日は朝もそこそこ早くて夜もそこそこ遅く、1人で過ごすことが大半。

週休2日のうちの1日はなるべくな外に連れ出してくれようとします。

10月中旬にはJ1リーグのサッカー観戦に行きました。

上司からチケットを頂いたみたいです。

 特にサッカー好きというわけではありませんが、生のスポーツ観戦は迫力も感じられて結構好きです。(上司の方へは後日お礼をさせていただきました)

 

f:id:mikingstar01:20181101150236j:image

先週末(日曜日)は群馬の観音山公園に連れて行ってくれました。

目的地をここにした理由は「来たことなかったから」だそうです。笑

その週は9割寝込んでいたので運動もかねてだったみたい。

公園を歩いたり、観音さまを参拝したり、洞窟観音を見てまわったり、、

それぞれのURLはこちらです。

観音山公園 | 高崎市

観音山 慈眼院|群馬県高崎市

天下の霊場 洞窟観音

結果的に観音さんめぐりみたいになったけど( ;∀;)

 

でも行けて良かったです。

なんとなくすっきりした感じ。

 f:id:mikingstar01:20181101150221j:image

▲ご利益ありそうですよね。

 

 

食事作戦

料理は好きです。

mikingstar01.hatenablog.com

抑うつの時は料理どころかキッチンにも立てません。なので主人のご飯も作れません。。

そんな中、先週の週末2日のうちの出かけていないほうの1日(土曜日)に作ってくれました。

実はたまに作ってくれます。今回は本当久しぶりに。

日中はパチンコに行ったようですが、夜は俺が作るからと言ってお昼出かけていきました。その間、しばらく寝込んでましたが、

洗い物で溢れているキッチンを思い出してさすがに悪いと思い洗い物だけしました。

(この時動けたことに驚きました)

 

食材を買い込んで帰ってきた主人はその事に喜んでくれて、

「後は任せておけ!」といって色々こしらえてくれました。

それがこちら。

 

f:id:mikingstar01:20181101150201j:image

 

第一印象、ぅわ!!凄い!!!

第二印象、ち、茶色!

美味しくいただきました。

そして何より気持ちが嬉しい。

 

 

 

まとめ

主人なりの気遣いですが、、私はもちろん感謝感謝でしかありません。

入籍した当初、こんな貧乏くじみたいにどうしようもない私と結婚させてしまって申し訳ない、、、常に感じていました。

 

現在は私も病気と向き合いつつ、主人が気持ちよく仕事に行って帰ってこれるように、自分にしかできない事を取り組んでいます。

将来的には主人に恩返し出来たらと考えています。

 

おまけ

そんな主人は今便秘に悩まされています 笑

昨夜、牛乳を飲んでもらい、便秘体操を一緒にして、今朝仕事に行く前にヨーグルトを食べてもらいましたが、、、

果たして今日中にすっきりするのでしょうか。。。