MasuStar.Gallery(旧:カナコのかんきょうブログ“カナかん”)

ブログから1歩前進へ ~興味があるものを楽しみながら「心」動くままに~

音楽のパワー ~元気をもらった曲~

2019.07.16 MasuStar.Galley始動

こんにちは!カナコです。

 

 音楽って不思議なパワーがありますよね。

 心に響く音楽 癒しの音楽 応援ソング のように

〇〇な曲・〇〇な音楽 

と表現される事もよく見るしよく聞きます。

 

私の場合はこれまで特化して楽器を覚えようとしたことはありません。

学生時代に音楽の授業でリーコーダーや鍵盤ハーモニカをいじったくらいです。

クラシックとかジャズとか好みのジャンルがあるわけでもありません。。

要は特に音楽好きというわけではないですが、それでも昔から身近に“音楽”があるような気がします。

昔むかし、その昔。笑

幼少時代、父が運転する車内でかけるBGMは童謡特集か父の趣味で河内屋菊水丸さんが唄う河内音頭が定番でした。どちらもカセットテープです。

 

物心つく頃には6歳上の姉がJPOPに興味を持ちはじめ、部屋では小室ファミリーゆずがよく流れていました。

 

年頃になると3歳上の兄がレゲエにハマり、部屋の天井にスピーカーを設置しガンガンに流すもんで、母親にめちゃくちゃ怒られていました。

 

ちなみに自分のお小遣いで初めて買ったCDは2001年に発売されたDAPAMPのベストアルバムでした。

そして最初で最後となる母親からのCDのプレゼントはABBAでした。

意図は良く分かりませんでしたが、とても得意気だった事は覚えています。

 

私も社会人となり

メインで耳にする音楽は60~80年代、演歌・フォークソング・デュエットでした。

長時間いる職場で流れる音楽がそのジャンルだったのです。

おかげ様でカラオケのレパートリーは増え、

どの世代とカラオケに行っても楽しいもんでした。スナックでも大活躍。笑

 

そんな前書きはこのくらいにして。

 

大人になって、ひどくどうしようもない時にふと耳にする音楽ってめちゃくちゃ身体に心に沁みりませんか?

辛い状況であればあるど歌詞にグッとしたり。

 

最近、と言っても今年の2.3月頃ですが、

もーーーーーー

色々やられてる時。

駅のホームで電車を待っていた時にイヤホンから流れた音楽・曲。

それが

WANIMAの「ともに」でした。

制汗剤のCMに使用された曲です。

青春時代が舞台の曲ですが、

一生懸命に生き抜くための喝を入れてくれているような歌詞と勢いのあるメロディー。

パワーがあって、でも優しさも感じるボーカルの声にやられました。


WANIMA -ともに Full ver.(OFFICIAL VIDEO)

 

電車を待っていたホームで無意識に涙が出てしまって、

タイミング悪く電車が来ちゃって・・・

慌てて涙拭いて電車乗りこむも扉に向かって人に見られないようにして、

でもどんどん涙出てきて、、、

ってすごいあたふたした事がありました。

 

 

皆さんは音楽で励まされたりし事はありますか?

また、それはどんな曲でしたか?

 

音楽のパワーに改めて気付いた、そんなある日の出来事でした。

 

♡元気が出そうなカラフルなお花の写真♡

f:id:mikingstar01:20181103173100j:image